あなたの髪の毛は蘇る!

育毛シャンプーと育毛剤の関係は?

育毛シャンプーと育毛剤、商品パッケージも似ているので
両者の違いが分からない人も多いようですが、そもそも両者の関係はどのような感じなのでしょうか?

どちらかを使えばそれで十分なのか、
それともお互いを使えば補完関係になり相乗効果を発揮してくれるか、どうなのでしょう?
今回は育毛剤と育毛シャンプーの関係性を考えたいと思います。

育毛剤と育毛シャンプーで相乗効果を狙う

育毛剤と育毛シャンプーは非常に相性のいい製品だと言えます。
育毛剤と育毛シャンプーを関連商品としてセットで売り出しているメーカーがあるくらい、
両者は相乗効果を発揮してくれます。

例えば男性型脱毛症(AGA)で薄毛に悩んでいた49歳の男性が居るとします。
男性ホルモンの影響で脱毛症になっているので、ホルモンを抑えるための治療が必要です。

一般的な育毛シャンプーは頭皮環境の改善を目的にしているだけで、
男性ホルモンを抑えるような働きがありません。
しかし、男性ホルモンを抑える育毛剤はあるので、育毛剤が育毛シャンプーの穴を埋める形になってくれます。

この話を聞く限りでは、

「育毛シャンプーはいらないじゃないか」

と反論する人もいらっしゃるはずですが、
薄毛は1つの理由ではなく、幾つかの原因が入り混じって起きている場合も多いです。
上述のAGAに悩んでいる男性は、過剰な脂が頭皮から分泌されて、毛穴のつまりも併発していたとします。
その場合、育毛剤では脂のコントロールができません。育毛シャンプーが役立ちます。
育毛剤と育毛シャンプーはそれぞれの足りない部分を補い、相乗効果を発揮するケースが多いです。
女性であっても男性であっても、薄毛は幾つかの理由が絡み合って起きている場合があるので、
その複雑な症状を鎮めるために、育毛剤と育毛シャンプーのダブル使いはかなり効果的です。

予防的に使うなら、育毛シャンプーから

育毛剤を予防的に使っても何ら問題はないのですが、続けるとなるとそれなりのお金になります。
育毛剤を利用するという作業と手間も増えてくるので、
忙しい毎日の中ではだんだん使い方が雑になってきてしまいます。

予防的に始めるなら育毛シャンプーがいいです。

「最近、髪の毛に元気がない」
「こしや張りがなくなった」
「髪の毛のセットが決まらなくなってきた」

など、薄毛が起きていなくても髪の毛の勢いが衰えてきたと思ったら、
予防的に育毛シャンプーを利用してみてください。
いよいよ脱毛や薄毛の勢いを食い止められなくなってきたら、育毛剤をプラスすると効果的です。

症状が悪化してきたときは一度、皮膚科にも足を運んで原因を特定してもらう必要もあるので、
覚えておいてくださいね。