あなたの髪の毛は蘇る!

台無しにする悪い生活習慣とは?

薄毛や抜け毛を改善するために育毛剤や育毛シャンプーを使っても、
その効果を台無しにするような生活習慣を続けていれば努力が水の泡になります。

頭髪や頭皮のトラブルは生活習慣の延長に出てきているので、
悪い生活習慣そのものを改善しない限り、いくら
育毛シャンプーを使っても根本的な改善は期待できません。

使用する育毛シャンプーの効果を最大限にするためにも、
今回は育毛にNGな生活習慣をまとめたいと思います。

育毛に悪い習慣はお主に3つ

挙げれば切りがないのですが、大まかに言って以下の3つが育毛の効果を台無しにする習慣だと言えます。

  • 1. ダイエットや偏った食事
  • 2. カラーやパーマ
  • 3. 間違ったヘアケア

細かい注意点も多いので下段に補足します。

1:ダイエットや偏った食事

髪の毛が薄くなる大きな要因の1つとして、
髪の毛の栄養不足があります。髪の毛の栄養不足は、血行不良が引き金になります。
血行不良は頭皮が老化して硬くなったり、毛穴が脂やフケで埋もれてしまったりして起きますが、
大前提として血中に栄養素がなければ、血行が良くても髪の毛は栄養不足になります。

偏った食事や過度なダイエットは、体全体の栄養不足を引き起こします。
いくら育毛シャンプーで血流を改善したとしても、
血中に栄養素が無ければ意味がありません。

タンパク質、ビタミン、ミネラルの含まれた食品をバランス良く摂取してください。

2:カラーやパーマ

カラーリングやパーマは間違いなく髪の毛と頭皮を傷めます。
特に自分でカラーリングを行なうと、毛穴にカラーリング剤が残って炎症などを引き起こします。
炎症が起きた毛穴の髪の毛は当然、弱くなります。

おしゃれをしたいという気持ちはあると思うので、
仮にカラーリングやパーマをやる場合は、美容院に出向いて行なってください。
カラーリングやパーマ、白髪染めを同じ日に一気に行なうのではなく、v なるべく日にちをずらして行なう必要もあります。

3:間違ったヘアケア

間違ったヘアケアも髪の毛の成長を阻害します。例えば、

  • ・ブラシで髪の毛を強く引っ張る
  • ・髪の毛を夜に洗わないで寝る
  • ・髪の毛を洗う際に爪を立てたり、つよく指の腹で頭皮をこすったりする
  • ・コンディショナーやリンスを頭皮に塗ってしまう
  • ・ドライヤーを頭皮のすぐそばからあててしまう
  • ・常に同じ位置で髪の毛を分けている

といった行為が、髪の毛と頭皮にかなりのダメージを与えます。
ブラシは毛先→髪の毛の中ほど→根元と順番に通し、ドライヤーは15センチメートル以上髪の毛から離して使用する、
髪の毛の分け目を定期的にずらしたり、
髪の毛の引っ張られる髪型をやめたりと、いろいろと日常的な工夫をしてください。